業務用脱毛器の情報を集めよう

このサイトではエステサロンを開業したときに備品の業務用美容機器の費用や、スチーマー機能付きと複合機が便利なこと、ems機能付きの効果や最新技術のフェイシャルエステができる美容機器、「エレクトロポレーション」効果について紹介してます。
サロンで使う美容機器には種類が豊富に揃っていて、それぞれ備わっている機能や金額などもかなり違っています。
提供するメニューによって最適な物を選ばないと、施術のときに困ったり不要な機能などが付いていたりします。

エステサロン開業の備品「業務用美容機器」にかかる費用

エステサロン開業の備品「業務用美容機器」にかかる費用 エステサロンの開業で、新しい備品や設備、機器の導入をするときに気になることが業務用美容機器にかかる費用です。
例えばあるメーカーだと470万円程度とかなり高額な料金設定になっていて、これも性能や機能などが十分に備わっていて金額が高くても導入したいオーナーも多いです。
業務用美容機器が高額な理由はイオン導入同時照射が出来るなどのメニューで差別化が出来ることで、世界で初めてや日本初などのキーワードがあると集客力にも繋がり、サロンをアピールして貢献もしてくれる優れた機器です。
ポイントは機能で本格的なフェイシャル施術が行える専用のハンドピースの付属や、機械に冷却機能が付いていたり2本のハンドピースを同時冷却する機能が付いているものも多数あります。
例えば脱毛器で1秒10ショットの高速稼働で電力供給が2500Wだと光を減らさずに脱毛可能で、大容量コンデンサー搭載でパルス幅も十分な長さがあったりします。

エステサロン開業時の業務用美容機器の選び方

エステサロン開業時の業務用美容機器の選び方 エステサロンを開業するときに必要なものは店舗・業務用美容機器などの設備投資、備品と人材です。
すべてに最高の品質を求められればいいですが、実際には予算は限られているし、仮に潤沢な資金があったとしても事業として成り立たせるためには費用対効果・採算性の視点も大切です。
そこで優先順位をつけることになりますが、集客のための立地と、リピーターをつかむための人材にはお金を惜しむべきではありません。
業務用美容機器の最新機種を導入すれば宣伝効果も見込めますが、その一方で最新技術には細心ゆえの、機械の不具合や副作用など未知のリスクもつきものです。
そこで、中古機械を有効活用して価格を抑えることは、すでに導入・稼働実績のある安定した機種なので安全面でも有効です。
中古の業務用美容機器を選ぶ場合に気を付けたい点はメーカー保証がないことが前提なので、販売店による保証がつけられるかと、有償でもいいのでメーカーの保守サービスを受けることができるかが重要です。
保守部品の在庫がなくなると使えなくなってしまうので、あまりに年式が古いものは避け、可能であれば新品として販売されていた当時のカタログ・仕様書なども入手できると安心です。

業務用美容機器を使用した美肌効果について

業務用美容機器はその名前通りエステサロンや医療機関などに、導入することを目的とした美容機器です。業務用美容機器と一括にしても搭載されているスペックは様々で、日々新しい機種が開発されています。
いつまでも若々しい肌を保ちたいと誰もが考えますが、肌のケアに対する美肌効果は業務用と家庭用では大きな差が現れます。
業務用美容機器の場合家庭用では許可されていないパワーや、機器で出来ることも全く違います。美肌効果は高い方がいいと考えるのは普通で、提供するエステサロンや医療機関選びは慎重に行いたいものです。
今はどのエステサロンや医療機関でもWEBサイトを持ち、提供している機器についてや施術についての細かな情報を掲載しています。
自分の希望する肌の状態や予算に合わせて、まずは事前にどのような施術とどのような機器を使用しているのかを比較してみてはいかがでしょうか。その上で、カウンセリングを受けて自分に合った美容機器を使用している所を選ぶことが大切です。

業務用美容機器の導入で感じてしまうデメリットと解決策

エステサロンなどを経営している方や、これから開業する方にとって、店舗内で必需品となる業務用美容機器に対してデメリットに感じてしまうことは少なくはありません。
最初にあげられる問題は価格が高額なことにより、機種や目的別の機器による違いはあるものの、60万円程度から200万円近くの範囲で販売されているので初期投資費用が莫大になります。
各機器を1台ずつ購入する方法ではキャパシティを満たすことができないので、通常はエステサロンの場合、施術室に合わせて何台も完備させることが必要です。
次にあげられることは高額な料金を支払って業務用美容機器を購入したものの、数年後には新型がメーカーから発表されることで購入するタイミング次第では直ぐに型落ちになる問題もあります。
これらのデメリットを解消するには、敢えて最初の段階では中古機器を購入し店舗の売り上げを確保する方法、メーカーや販売店によっては購入ではなくリース契約を可能としている会社もあるので、高額と型落ちの問題の解決策としては選択することも良い判断ではないでしょうか。

業務用美容機器を自宅で個人用として使うことは可能なのか

エステサロンなどで導入されている業務用美容機器を体験すると、個人でも使用してみたいと考える人も多いのではないでしょうか。確かに一般家庭用の機器に比べると優れた性能を持っていますから、憧れてしまうのも当然です。
結論から言うと、業務用美容機器を個人で使用することは可能です。ただし注意しなければならない点も多く、誰でも簡単に利用できるようになるというわけではありません。
というのも業務用の美容機器は出力が非常に高く、パフォーマンスが優れている一方で適切に使用するにはそれなりのスキルが必要になってきます。何も考えずに使用すると、逆に体に悪影響を与えてしまうこともあるので注意するようにしてください。
本体が大型であることや価格が高額であることも、注意すべき点といえるでしょう。購入前には家の中に設置するスペースがあるか、床面は重量に耐えうるだけの強度を持っているか、などを確認しておく必要があります。
購入先は中古市場などを活用することになるので検討してみてください。

業務用美容機器はインターネットから探せば開業時に費やす資金を減らせます

業務用美容機器の中には、病院等の医療機関ではなくサロン系で採用をしている機種が多数あります。このタイプの機器は一定の技術力を身に付けることで使うことができ、国家資格は不要とされています。
もしも業務用美容機器を購入してサロンを開業したいと希望する方は、インターネットから機器類を探す方法で低資金で負担を軽くして店舗経営を行うことができます。
なぜインターネットであれば安く購入できるかの理由では、ネット上には中古の業務用美容機器を販売している専門店があることをあげられます。
この業界は常に進化を続けているので一定期間毎に新型機種が登場します。このことで資金力のあるサロンでは買い替えをすることを行っていますが、中古となった機器を専門店へと売却をすることで中古品の売買が活発化しています。
低資金で開業するには1つ前や2つ前の型落ちの機種でも十分な効果は発揮させることができるので、脱毛用や美肌用、身体用など複数の中古の業務用美容機器を揃えることが可能になるのではないでしょうか。

業務用美容機器に起こり得るトラブルとは何か

業務用美容機器はとても人気があります。最近はインターネットでも手軽に購入できるようになっているので、特に購入する人が増えてきているのです。
もちろん業務用なので、エステサロンや美容院などで購入されることが多くなっています。
しかし、個人的に購入することも可能です。個人用とは違うので費用が少し高めになります。その点だけ踏まえておけば、自宅に導入して個人が利用することも可能です。
ところが、トラブルが起こることもあります。業務用美容機器は取り扱いが難しいものもあるからです。導入するからにはきちんと説明書を読んでから導入しましょう。購入前にメーカーのホームページを見て詳細を把握したり、問い合わせをしたりしておくことが大事です。
それから、使用感でトラブルが生じることもあります。体に合わなかったということもあるのです。他には費用が高いといったこともあります。
後悔しないようにするためには商品の詳細をきちんと知ることが大事です。評判なども確認しておきましょう。

業務美容機器の情報サイト

業務美容機器

新着情報

◎2022/9/2

情報を更新しました。
>業務用美容機器を使用した美肌効果について
>業務用美容機器の導入で感じてしまうデメリットと解決策
>業務用美容機器を自宅で個人用として使うことは可能なのか
>業務用美容機器はインターネットから探せば開業時に費やす資金を減らせます
>業務用美容機器に起こり得るトラブルとは何か

◎2020/8/24

ボディメイクしよう
の情報を更新しました。

◎2020/5/14

リースを利用できる会社
の情報を更新しました。

◎2020/1/24

中古の業務用美容機器を購入
の情報を更新しました。

◎2019/10/25

エレクトロポレーション
の情報を更新しました。

◎2019/7/22

最新技術のフェイシャルエステ
の情報を更新しました。

◎2019/6/28

サイト公開しました

「美容機器 エステサロン」
に関連するツイート
Twitter

患者のエステシャンに教えたった…無知が多いからねぇ💦 エステサロンで使用する美容機器で“細胞を活性化する”むくみを解消する”“シミが消える”などの医療機器のような表現をしてしまうと薬機法違反となります。医療行為と勘違いするような表現もNG“治る”“医学的”“効く”“矯正”など…学べよ客が気の毒…